2011年06月02日

DAYS JAPAN原発特集バックナンバー DAYS JAPAN原発特集バックナンバー

2004年の創刊以来、DAYS JAPANは「脱原発」を発信し続けてまいりました。過去原発特集26号分を一覧化致しました。脱原発を唱える声が、どのように推進派の中で闘ってきたか。脱原発を実現させるための参考にして頂けますと幸いです。


【2011年】
2011年1月号 特集「浜岡原発 爆発は防げるか(広瀬隆)」※在庫切れ
2011年2月号 特集「次世代エネルギー最前線(田中優)」
2011年4月号 「未曾有の巨大地震と原発震災(森住卓)」※在庫切れ
2011年5月号 特集「暴走する原発(広瀬隆、広河隆一)」
2011年6月号 特集「日本の原発 浜岡から脱原発へ」

【2010年】
2010年1月号 トピックス「玄海原発でプルサーマル計画稼働」
2010年4月号 トピックス「上関町議選 祝島・原発反対の闘いを日本全国へ(那須圭子)」
2010年6月号 トピックス「祝島島民、原発説明会に徹底抵抗(那須圭子)」
2010年8月号 現場から「「日の丸」原発のアジア輸出を許さない(佐藤大介)」
2010年11月号 トピックス「「原発延命」に一斉原発」
2010年12月号 営みの地球「原発で消える海」

【2009年】
2009年8月号 特集「核の痕跡 チェルノブイリ、セミパラチンスク」
2009年10月号 トピックス「島の人々、原発建設工事船止める(林将之)」
         現場から「地震と原発 迫り来る未曾有の恐怖(東井怜)」

2009年11月号 特集「祝島 原発を拒否する人々」
2009年12月号 特集「世界的写真家の撮った祝島(ジーン・チャン)」

【2008年】
2008年1月号 現場から「浜岡原発:不安抱える周辺住民(生方卓)」
2008年8月号 まだ間にあうのなら「脱原発へ(藤田佑幸)」
2008年9月号 現場から「柏崎原発付近で異常サクラ(奥田智子)」


【2007年】
2007年1月号 現場から「台湾に輸出された日本の原発(佐藤大介)」
2007年6月号 現場から「北陸電力に原発運転の資格なし(中垣たか子)」
2007年7月号 まだ間に合うのなら「日本の原発(高木章二)」
※この記事は、電子版DAYSでお読み頂けます(有料)。
2007年9月号 トピックス「地震で揺れる日本の原発(今中哲二)」
        まだ間にあうのなら「祝島 原発の闘い(那須圭子)」

※この記事は、電子版DAYSでお読み頂けます(有料)。
2007年12月号 OUTLOOK「それでも原発は安全だと言う人たちの厚顔無恥(斎藤美奈子)」


【2006年】
2006年6月号 特集「チェルノブイリ 20年目の悲劇」
       トピックス「人間を脅かす原発の危険性(西尾漠)」

※この記事は、電子版DAYSでお読み頂けます(有料)。
2006年9月号 現場から「原発に揺れる島 祝島の人びとの闘い」※在庫切れ

【2005年】
2005年6月号 現場から「浜岡原発現地から(伊藤実)」
        一枚の写真「原発内被爆労働現場(樋口健二)」


【2004年】
12月号 トピックス「次は原発が危ない(広瀬隆)



2006年6月号「チェルノブイリ20年目の悲劇」
2007年7月号「日本の原発」
2007年9月号「地震と原発」
の記事は、電子版DAYSでお読み頂けます。
電子版DAYS 原発特集バックナンバーページ
http://daysinternational.net/jp/category/backnumber/

2006-06_軽.jpg2007-07_軽.jpg2007-09_軽.jpg
posted by Days International at 15:41| Comment(0) | 原発特集バックナンバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。