2011年05月05日

NHKオンデマンドについてご報告(5月5日)

ご報告が遅れまして申し訳ありません。
情報を得た2つの経路をたどりました。
しかし当初はこの流れをたどることで、オンデマンドから削除されたという事実があるかどうかという事も含めた調査をしたかったのですが、この段階で、その事実の信憑性は薄いと考えざるを得なくなりました。
私以前にこの内容のメールを流されたどの方(それぞれ信頼のおける仕事をされてきた人で、メディアに関係した方もいらっしゃいました)も、事実関係をチェックしたうえでRTされたのではないという事が分かりました。
現在私の知っている限りでは、オンデマンドには、チェルノブイリ関連ではほとんど「クローズアップ現代」1本が挙げられているようです。
最初の発信者と思われる方にコンタクトをつけて事情を教えていただこうとしましたが、そうした矢先に、また別のルートから「自分はオンデマンドでこの番組を見た」という方があらわれました。オンデマンドで見た人は購入履歴が出るはずですから、それを探すのに時間が必要とおっしゃられたのでお待ちしていましたが、最終的には購入履歴は見つからなかったとのことです。その方はこの1か月の間に、ユーチューブでは4分割されている番組を1本の形でごらんになったと言っておられ、ご本人は普段からオンデマンドを利用されていた方ですので、オンデマンドでご覧になったと信じておられたようです。今もってその方がどこでこの作品をご覧になられたかは不明です。
この段階で私は、「NHKのオンデマンドでこの作品が上がっていたことはないから、削除をした事実もない」というNHKの主張に信憑性ありと判断するほかありません。
オンデマンドで削除が行われたという可能性が低いと考えるに至ったのも、NHKの友人から、オンデマンドにはこのような問題をはらんだ作品はほとんど上がることはないと聞かされたこともあります。
私を含めてこの話をどんどんRTされた方々は、普段からのNHKに対する不信や、福島原発報道で「安全」を訴えてきたNHKだから当然こうした削除もありうる、と信じてしまったことがあるかと思います。しかし情報を確認しなかったことは認めなくてはなりません。
また今回ユーチューブに上がっている作品を、オンデマンドで見れるようにしてほしいという運動につなげるべきではという声も上がっています。
しかし基本的には、私が誰から情報を得ようと、私のツイッターをご覧になって、この件をお知りになった方については、私が責任を負うことは言うまでもなく、それを確認・裏づけすることなく流した私の責任となると痛感しています。
あらためてご迷惑をおかけした方々にお詫びします。

今後は、この問題については、これまでの経過を覆す新事実が出ない限りは、ご報告することはしません。

2011年5月5日
広河隆一
posted by Days International at 08:53| Comment(0) | 広河隆一 原発関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。